産経WEST

人事情報を不正閲覧 大阪・富田林市、容疑で書類送検

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


人事情報を不正閲覧 大阪・富田林市、容疑で書類送検

 大阪府富田林市役所の内部ネットワークに他の職員のIDでアクセスしたとして、大阪府警サイバー犯罪対策課は8日、不正アクセス禁止法違反容疑で、市総合事務室課長代理だった男(47)=7日付で停職6カ月、依願退職=を書類送検した。「人事異動や職員間の苦情処理がどうなっているか興味があり、3年くらい前からやっていた」と容疑を認めている。

 同市では8月、こども未来室副主任の男(61)も同様の容疑で逮捕されている。この問題を受けた市の内部調査で元課長代理の事件が発覚した。

 送検容疑は平成27年8月~今年7月、市人事課の男性職員のIDとパスワードを使い、47回に渡って内部ネットワークに不正にアクセスしたとしている。

 同課によると、元課長代理はシステムの管理者権限を付与され、他人のIDなどを閲覧できた。情報の外部流出はなかったという。

「産経WEST」のランキング