産経WEST

12日に高浜、大飯の2原発同時事故訓練 関電、大飯再稼働見据え

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


12日に高浜、大飯の2原発同時事故訓練 関電、大飯再稼働見据え

 関西電力は8日、福井県の高浜原発(高浜町)と大飯原発(おおい町)が同時に重大事故を起こした想定での対応訓練を12日に実施すると発表した。関電は高浜3、4号機を既に再稼働、大飯3、4号機も来年1月以降に再稼働させる計画で、両原発の同時稼働を見据え、指揮命令系統や情報の伝達手順を検証する。

 訓練は、高浜3、4号機と大飯3、4号機の計4基で全電源を喪失、放射性物質を含む1次冷却水が漏れ、炉心が損傷したとの想定。岩根茂樹社長が大阪からヘリコプターで駆け付け、福井県美浜町にある原子力事業本部で指揮を執る。原発では、非常時に海水を使って原子炉を冷やすための大容量ポンプとホースの接続訓練も行う。

 関電などによると、複数原発での同時事故を想定した訓練は、2015年に東京電力が福島第1、第2原発で実施。関電が行うのは初めて。

「産経WEST」のランキング