産経WEST

隠岐の島でミサイル訓練 北朝鮮の相次ぐ発射受け 2千人参加

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


隠岐の島でミサイル訓練 北朝鮮の相次ぐ発射受け 2千人参加

 北朝鮮の相次ぐミサイル発射を受け、島根県・隠岐諸島にある隠岐の島町と同県は6日、同町で避難訓練を実施した。県によると、約2千人が参加し、これまでに各地で実施された同種の訓練としては最大規模。離島での訓練は全国初という。

 弾道ミサイル発射を伝える全国瞬時警報システム(Jアラート)の放送を防災行政無線で流し、町民約1万4千人に周知。小中学校や県立高、県隠岐支庁、町役場にいる計約2千人が、机の下に隠れたり、窓のない廊下に避難したりする。

 5月下旬には、北朝鮮の弾道ミサイルが隠岐諸島から約300キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられる事案があった。

「産経WEST」のランキング