産経WEST

シーズン到来「香住ガニ」 初競り最高6万円

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


シーズン到来「香住ガニ」 初競り最高6万円

秋を告げるベニズワイガニの初競り=香美町香住区 秋を告げるベニズワイガニの初競り=香美町香住区

 日本海のベニズワイガニ漁が1日解禁となり、香美町香住区の香住漁港で5日、初競りが行われた。台風の余波もあり、初日は大型漁船1隻だけだったが、「まずまずの水揚げ」と漁協関係者は胸をなで下ろした。6日は小型漁船の競りがある。漁期は来年5月末まで。

 ベニズワイガニは関西では唯一、同漁港で水揚げされ、「香住ガニ」のブランドでPR。甘みがあり、冬の松葉ガニ(ズワイガニ)よりも安く、人気がある。

 この日の競りは、前日夜に帰港した大型漁船「八幡丸」(88トン)が水揚げした約8・5トン。午前6時半から競り人のカネの合図で始まり、仲買人たちはコンテナに入った鮮やかな紅色のベニズワイガニを次々と競り落とし、競り場は約3カ月ぶりに活気づいた。

 但馬漁協によると、水揚げ額は約580万円、1匹の最高値は6万円、30キロ入りコンテナは1万5千~6万5千円だった。

 八幡丸の山下博正船長(74)によると、8月31日に香住漁港を出港し、約7時間かけて島根県・隠岐島沖合の漁場に到着。1日午前0時から水深約800メートルの海底にカニかごを沈め、漁を開始した。「水温が下がる11月頃から漁が本格化する」と話した。

 香住観光協会の藤原進之助会長(72)は「香住がにぎわうカニのシーズンを迎えた。秋の観光はぜひ香住でおいしいカニを食べてほしい」とPRした。 

「産経WEST」のランキング