産経WEST

【衝撃事件の核心】「やってることはさべつやで」会社に資料請求すると「日本国籍が条件」で門前払い…トルコ人男性“正義”の法廷闘争

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「やってることはさべつやで」会社に資料請求すると「日本国籍が条件」で門前払い…トルコ人男性“正義”の法廷闘争

加盟店を募集していた自動車販売会社に資料を請求したトルコ人男性。「日本国籍が条件」として門前払いされたことに激しく抗議し、「差別だ」として提訴に踏み切ったが… 加盟店を募集していた自動車販売会社に資料を請求したトルコ人男性。「日本国籍が条件」として門前払いされたことに激しく抗議し、「差別だ」として提訴に踏み切ったが…

 「上から目線」を感じたイエネルさんは怒った。何の確認もせずに、自分が培ってきた語学の能力を疑われたのだ。震える手で、さっそくメールを返信した。

 《何言うてるの?そんなあほ見たに話しするな。やってることはさべつやで》(原文ママ)

慰謝料100万円の支払い求めて提訴

 イエネルさんは知人女性に依頼して、さらに詳細な抗議文を会社に送った。

 《御社では特別永住権を保有する在日韓国人とも加盟契約を結んだことがないということでしょうか。また加盟契約を結ぶ際、明らかに日本人であると判断できる顧客にも、日本国籍を有する旨の証明書の提出を義務づけていらっしゃるのでしょうか》

 すると、別の担当者から回答がきた。

 《帰化されて国籍をとられた方であれば、以前の国籍を問わず契約可能ですが、日本国籍の方でも加盟前のヒアリングおよび質疑応答、メールやりとり等にて、契約内容が履行されない可能性があると判断された方、および弊社理念を共有できないと判断された方などの場合は、加盟契約をお断りする場合がございます》

 きっちりと日本語能力を確認し、最終的に会社の裁量で判断する-。そう言っているわけだが、やっていることとは違うと感じたイエネルさんは「今回の差別を放置すると、日本にいる他の外国人のためにならない」として今年3月、会社に慰謝料100万円を求める訴訟を大阪地裁に起こした。

「自分が正しい」確信して本人訴訟

 イエネルさんは弁護士に依頼しない本人訴訟で訴訟に臨んだ。

続きを読む

「産経WEST」のランキング