産経WEST

ネコは毎日どう過ごす? 世界で撮影、岩合光昭さん写真展…兵庫・淡路夢舞台で10月1日まで

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ネコは毎日どう過ごす? 世界で撮影、岩合光昭さん写真展…兵庫・淡路夢舞台で10月1日まで

愛らしいネコの写真を眺める人たち=兵庫県淡路市の淡路夢舞台「淡路夢工房」 愛らしいネコの写真を眺める人たち=兵庫県淡路市の淡路夢舞台「淡路夢工房」

 動物写真家の岩合(いわごう)光昭さんが世界各地で撮影したネコの写真展「ねこのとけい」が淡路夢舞台(兵庫県淡路市)のイベントスペース「淡路夢工房」で開かれ、愛らしいネコの姿が訪れた人たちを楽しませている。10月1日まで。

 岩合さんは昭和25年生まれで、世界各地で動物写真を撮影し、多くの写真集を出版している。特にネコの撮影はライフワークとして40年以上続けている。

 今回は「ねこのとけい」のテーマに沿って、ネコが起きてから一日を終えるまでの写真約50点を時間軸に沿って並べている。国内だけでなくスペインやイタリア、モロッコで撮影された写真もあり、昼寝したり仲間とじゃれあったり無邪気なネコの姿に来館者らは「かわいい」「なでてあげたい」などと癒されていた。

 家族と訪れた同市竹谷の小川愛翔(まなと)君(5)は「舌を出したり、寝ていたり、かわいいネコばかりでした」と喜んでいた。

 午前10時~午後5時。高校生以上300円。問い合わせは、淡路夢舞台((電)0799・74・1000)。

「産経WEST」のランキング