産経WEST

選挙前、週刊誌で「公務出張中に性的サービス利用」報道の天理市長「不徳の致すところ」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


選挙前、週刊誌で「公務出張中に性的サービス利用」報道の天理市長「不徳の致すところ」

天理市の並河健市長 天理市の並河健市長

 31日発売の週刊誌で、東京への公務出張中に性的サービスを利用したと報じられた奈良県天理市の並河健市長(38)が報道陣の取材に応じ、記事の内容をおおむね認めた上で「道徳的に適切でなく、不徳の致すところ」と陳謝した。

■外務省キャリア…衆院で落選後に市長

 市役所で行われた定例会見の後、報道内容について問われた並河市長は「プライベートな時間の中でのことだが、市民の皆さまや市職員、そして家族に申し訳ない。痛切に反省している」と陳謝。一方、「法律に抵触する行為はなかった」と釈明した。

 並河市長は外務省職員を経て平成25年10月の市長選で初当選。任期満了に伴い10月1日に投開票される選挙に再選を目指し、無所属で出馬する意向を表明している。報道の影響については「これまで取り組んできたこととは関係のないことだと考えている」とし、「公務を投げ出すことなく、今後も大いに取り組むべく邁進(まいしん)していく」と述べた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング