産経WEST

路線バス運転手、せっせと運賃着服160万円 運賃箱のベルト停止、投入口から指でつまみ上げ…南海バス、5人を解雇

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


路線バス運転手、せっせと運賃着服160万円 運賃箱のベルト停止、投入口から指でつまみ上げ…南海バス、5人を解雇

ベルトを停止して硬貨が回収されないようにした状態の運賃箱(南海バス提供) ベルトを停止して硬貨が回収されないようにした状態の運賃箱(南海バス提供)

 路線バスの運賃計約260万円を着服したとして、南海バス(堺市)は40~50代の男性運転手5人を今月、懲戒解雇していたことが31日、同社への取材で分かった。

 同社によると、運賃箱に投入された硬貨はベルトで流れ、底にある回収箱に落ちるが、運転手らは運転席横にあるタッチパネルでベルトを停止。流れずにたまった硬貨を投入口から指でつまみ上げて着服していたという。

 今月中旬、乗客から「運転手が不審な動きをしている」と通報があり発覚。車内を映すドライブレコーダーの映像で着服を確認した。

 5人の中には、今月までの3年にわたって約160万円を着服していた運転手がいたほか、今月から始めて着服額が約5千円の運転手もいた。いずれも同じ手口だが、5人が示し合わせていたかは不明だという。

 全員が事実関係を認め、弁済の意向を示すなどしており、同社は刑事告訴はしない方針。

「産経WEST」のランキング