産経WEST

【フィギュア】真凜、五輪シーズンに「美しいピアノ曲」と衝撃の出会い 開幕2カ月切りSP曲を急遽変更

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【フィギュア】
真凜、五輪シーズンに「美しいピアノ曲」と衝撃の出会い 開幕2カ月切りSP曲を急遽変更

練習をする本田真凜=30日、関西大学たかつきアイスアリーナ(撮影・水島啓輔) 練習をする本田真凜=30日、関西大学たかつきアイスアリーナ(撮影・水島啓輔)

 フィギュアスケートで2016年世界ジュニア選手権女王の本田真凜(まりん)(大阪・関大高)が30日、関大のアイスアリーナで練習を公開。平昌(ピヨンチヤン)冬季五輪の代表入りをかけた今季のショートプログラム(SP)で、予定していたプログラムを急遽変更し、シニアのグランプリ(GP)デビューとなる10月のスケートカナダには新曲で挑む意向があることを明かした。

 本田は当初、今季のSPは新曲のタンゴ「ジェラシーとラ・クンパルシータ」と発表していたが、最近の移動中の車内で耳にした曲に「衝撃を受けた」と心酔。浜田美栄コーチに変更を直訴した。曲名は明かさなかったが、浜田コーチによると「ピアノ主体の美しい曲」だという。

 振り付けは9月の米国遠征で行う。シーズン直前の変更にも「すごく楽しみ。GP初戦からやりたい」と本田。浜田コーチは慎重な姿勢をみせつつも「彼女は気分が乗れば1週間でできる。心配していない」と話した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 真凜、五輪シーズンに「美しいピアノ曲」と衝撃の出会い 開幕2カ月切りSP曲を急遽変更
  • 真凜、五輪シーズンに「美しいピアノ曲」と衝撃の出会い 開幕2カ月切りSP曲を急遽変更
  • 真凜、五輪シーズンに「美しいピアノ曲」と衝撃の出会い 開幕2カ月切りSP曲を急遽変更
  • 真凜、五輪シーズンに「美しいピアノ曲」と衝撃の出会い 開幕2カ月切りSP曲を急遽変更

「産経WEST」のランキング