産経WEST

密輸金塊換金直後の7千万円襲撃、指示役の元組員を逮捕 「強盗する気はなかった」と供述

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


密輸金塊換金直後の7千万円襲撃、指示役の元組員を逮捕 「強盗する気はなかった」と供述

 大阪・ミナミの貴金属買い取り店近くの路上で4月、男2人が金塊を換金した直後に現金7千万円を別の男3人に奪われそうになった事件で、大阪府警捜査1課は30日、強盗致傷容疑で新たに岡山市北区柳町の元暴力団組員、小池勇樹被告(36)=窃盗罪で起訴=を逮捕した。「金をひったくるように指示したが強盗する気はなかった」と供述している。

 小池容疑者は、襲撃グループの逃走車に取り付けられたナンバープレートを襲撃前夜に岡山市内で盗んだとして、岡山県警に7月、窃盗容疑で逮捕されていた。府警はすでに襲撃グループの男3人を強盗致傷容疑で逮捕しており、岡山県警との合同捜査本部を30日、府警南署に設置。小池容疑者が3人の指示役とみて、暴力団などの組織的な関与を調べる。

 逮捕容疑は4月28日午後、大阪市中央区南船場の路上で、密輸した金塊を換金した現金7千万円を運んでいた男2人=いずれも関税法違反罪などで起訴=の顔を複数回殴るなどして重軽傷を負わせ、現金を奪おうとしたとしている。

「産経WEST」のランキング