産経WEST

【正論】国連は決して公正な機関ではない…杉田水脈・前衆院議員が講演 第35回名古屋「正論」懇話会

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【正論】
国連は決して公正な機関ではない…杉田水脈・前衆院議員が講演 第35回名古屋「正論」懇話会

「海外における歴史戦の最前線」をテーマに講演する前衆議院議員の杉田水脈氏=名古屋市西区のウェスティンナゴヤキャッスル 「海外における歴史戦の最前線」をテーマに講演する前衆議院議員の杉田水脈氏=名古屋市西区のウェスティンナゴヤキャッスル

 名古屋「正論」懇話会の第35回講演会が29日、名古屋市西区のウェスティンナゴヤキャッスルで開かれ、前衆院議員の杉田水脈(みお)氏が「海外における歴史戦の最前線」と題し、講演した。

 杉田氏は「フランスでは日本が国家ぐるみで歴史修正主義になっていることをアピールする雑誌やフリーペーパーがあった」と海外取材での経験を紹介。慰安婦問題などで日本をおとしめるようなプロパガンダが海外に広がった背景には国連の存在が大きいとした上で「国連やユネスコは決して公正な機関ではなく、個人の私利私欲で動いている部分も多い」と指摘した。

 さらに、日本は慰安婦に関する資料を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の記憶遺産にしようという歴史戦を仕掛けられていることに警鐘を鳴らした。

 そして歴史戦への対抗策として、国連やユネスコへの拠出金を出すかどうかを交渉カードとして活用し、正しいことを主張する保守系のNGOを増やすことなどを提案。「慰安婦問題で勧告の根拠となる国連との条約を破棄すれば、不当な勧告や左派系のNGOの活動の場をなくすことにつながる」と話した。

「産経WEST」のランキング