産経WEST

【銀幕裏の声】リケジョ必見! 映画「トリガール!」原作者、中村航さんが愛する鳥人間コンテストの魅力とは…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【銀幕裏の声】
リケジョ必見! 映画「トリガール!」原作者、中村航さんが愛する鳥人間コンテストの魅力とは…

土屋太鳳が、パイロットを目指すゆきなを熱演する (C)2017「トリガール!」製作委員会 土屋太鳳が、パイロットを目指すゆきなを熱演する (C)2017「トリガール!」製作委員会

 今や琵琶湖の夏の風物詩となった「鳥人間コンテスト」。先月、第40回の記念大会が開催され、9月1日から同大会をテーマにした映画「トリガール!」が公開される。「体育会系でも文化系でもない。鳥人間コンテストは“エンジニアリング・スポーツ”という新たなジャンルを切り開いたのです」。“鳥人間”をこよなく愛してきた原作小説の作者、中村航(こう)さんはこう強調する。原作のスピンオフ作品を収録した短編集「恋を積分すると愛」を上梓(じょうし)したばかりの中村さんは今年の夏も鳥人間たちを応援するため、琵琶湖へやって来た。鳥人間の魅力とは何なのか? 中村さんに聞いた。          (戸津井康之)

鳥人間に憧れて

 一浪の末、雄飛工業大学へ入学した“リケジョ(理系女子)”の鳥山ゆきな(土屋太鳳)は、数少ない女子の同級生、和美(池田エライザ)に誘われるまま、人力飛行サークル「TBT(チーム・バードマン・トライアル)」に入部する。TBTは全国でも珍しい2人乗りの機体で鳥人間コンテストでの優勝を目指すサークルだった。体力を買われたゆきなは人力飛行機のパイロットに抜(ばっ)擢(てき)されるが…。

 2人乗りの機体で鳥人間コンテストに挑む雄飛大学にはモデルがある。

 原作者である小説家、中村さんの母校、芝浦工業大学(東京都)だ。

 現在、部員約100人が所属する芝浦工大TBTは鳥人間コンテストの常連チーム。平成10年以来、毎年、2人乗り人力飛行機で大会に出場し、20年の第32回大会「人力プロペラ機ディスタンス部門」では2位の記録を達成している。

続きを読む

このニュースの写真

  • リケジョ必見! 映画「トリガール!」原作者、中村航さんが愛する鳥人間コンテストの魅力とは…
  • リケジョ必見! 映画「トリガール!」原作者、中村航さんが愛する鳥人間コンテストの魅力とは…
  • リケジョ必見! 映画「トリガール!」原作者、中村航さんが愛する鳥人間コンテストの魅力とは…

「産経WEST」のランキング