産経WEST

【軍事ワールド】トランプ大統領が米軍に入れた亀裂 過去の軍への貢献者たちは“不合格”に…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【軍事ワールド】
トランプ大統領が米軍に入れた亀裂 過去の軍への貢献者たちは“不合格”に…

第二次大戦中の米陸軍航空隊の黒人部隊に敬意を表して、尾翼を赤く塗ったアラバマ州空軍のF-16。爆撃機援護に活躍した黒人部隊は、訓練地の名を取って「タスキーギ・エアメン」とも呼ばれた(2010年撮影、米空軍HPより) 第二次大戦中の米陸軍航空隊の黒人部隊に敬意を表して、尾翼を赤く塗ったアラバマ州空軍のF-16。爆撃機援護に活躍した黒人部隊は、訓練地の名を取って「タスキーギ・エアメン」とも呼ばれた(2010年撮影、米空軍HPより)

 トランプ米大統領は25日、心と体の性が一致しない「トランスジェンダー」の米軍入隊禁止を指示する文書に署名した。米CNNは「共和、民主両党内や公民権運動提唱者らから反発が出ている」と指摘。また12日には白人至上主義者団体と反対派の衝突で死傷者が出た事件で、トランプ氏の「けんか両成敗」的な発言が差別主義者を擁護しているとして、経財界はもちろん、4軍のトップがこぞって批判する事態に発展した。米軍の歴史にはLGBT(レズ・ゲイ・バイ・トランスジェンダー)や黒人、少数民族が見逃せない貢献をした実績があるだけに、トランプ氏の行動や放言は軍に混乱をもたらしかねない情勢にある。(岡田敏彦)

 レッド・テイル

 トランスジェンダーをはじめとしたLGBTに対する米軍のあり方は、オバマ前政権では特に差別的なものはなく、入隊も基本的に認められてきたが、トランプ氏は今年7月、「トランスジェンダーの人が米軍で働くことを認めないし、許さない」とツイート。トランスジェンダーの兵士がトランプ氏を訴える騒動に発展していた。

 大統領の言い分は「とてつもない医療コストと混乱」だ。米有力シンクタンクのランド研究所は、トランスジェンダーの入隊を認めれば医療コストは0・13%(約9億円)増加するとしているが、すでに2016年時点で4千人が現役もしくは予備役として軍に在籍するという。

 さらに8月には白人至上主義者を擁護するコメントで民主党はもちろん、与党共和党や軍の幹部からも反発を受けた。性差別や人種差別は軍にとってもデメリットしかないからだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • トランプ大統領が米軍に入れた亀裂 過去の軍への貢献者たちは“不合格”に…
  • トランプ大統領が米軍に入れた亀裂 過去の軍への貢献者たちは“不合格”に…
  • トランプ大統領が米軍に入れた亀裂 過去の軍への貢献者たちは“不合格”に…
  • トランプ大統領が米軍に入れた亀裂 過去の軍への貢献者たちは“不合格”に…

関連ニュース

「産経WEST」のランキング