産経WEST

【ストリートの原石 東京へ(2)】大学で一度プロ断念 3×3が夢つなげた プロバスケ西宮ストークス選手 セオン・エディさん

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ストリートの原石 東京へ(2)】
大学で一度プロ断念 3×3が夢つなげた プロバスケ西宮ストークス選手 セオン・エディさん

チャレンジを求めて西宮ストークスに移籍したセオン・エディさん=神戸市東灘区(南雲都撮影) チャレンジを求めて西宮ストークスに移籍したセオン・エディさん=神戸市東灘区(南雲都撮影)

 エディ 2015年に中国で行われたワールドゲームスという大会に出場し、2位まで上がりました。その後、カタール・ドーハでの大会に出場しましたが、そこでは予選で世界一のセルビアのチームに当たって…。最終的に負けてしまいましたけど、すごいいい経験になりました。まだBリーグができる前で、3人制も五輪種目になるという話が出る前でした。

 --翌年にBリーグ・アルバルク東京に入団します

 エディ 3人制日本代表に入ってからも、オフに5人制もしてはいました。(Bリーグ前身の)ナショナルリーグのコーチに声をかけられ、5人制でもチャンスがあると思い、代理人とも話をしました。そこから何個かトライアウトのオファーを受け、その流れで入団できました。

 --ビジネスマンのキャリアを捨てて、専業のプロ選手になる決断に迷いはありませんでしたか

 エディ すごい難しい判断でしたけど、やっぱりバスケが好きなんですよ。好きなことができるのは恵まれているし、今しかないと思いました。チャレンジしたいと思いました。

 --来季からは西宮ストークスへ加入しますが、この移籍も挑戦ですか

 エディ 西宮はアルバルクと比べると若いチームで、エネルギーがあります。出場機会がもらえるし、経験も積んでいける。ここでどれだけいけるのか、チャレンジしたいと思って移籍を決めました。「独特な経歴だね」と言われることはたくさんありますが、バスケが好きなのは変わらないし、これからも挑戦はしていきたいので迷いはないですね。(3回目に続く)

 ■セオン・エディ 平成3年1月15日生まれ、東京都出身。日本のインターナショナルスクールで高校まで過ごし、大学は米国へ留学。クレアモント・マッケナ大を経てコロンビア大を卒業し、経済学と工学の学位を取得。帰国後はコンサルティング会社で働きながら3人制バスケットボールに挑戦し、27(2015)年に日本代表に選出。28(2016)年にBリーグ・アルバルク東京へ入団、今季から西宮ストークスに移籍。身長190センチ。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング