産経WEST

赤信号で出発し、駅に引き返す JR予讃線 3本に遅れ、150人に影響

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


赤信号で出発し、駅に引き返す JR予讃線 3本に遅れ、150人に影響

 JR四国は28日、松山市大浦のJR予讃線大浦駅で27日午後9時50分ごろ、伊予西条発松山行き普通列車(1両編成、乗客約50人)が赤信号のまま出発し、約33メートル走った後に駅に戻るトラブルがあったと発表した。けが人はなかった。

 JR四国によると、男性運転士は赤信号を見落とした理由を「列車に乗りそうな人が駅にいて気を取られた」と話しているという。上下線計3本が最大19分遅れ、約150人に影響が出た。

 JR四国では平成27年12月、普通列車が香川県さぬき市の高徳線オレンジタウン駅を信号機の確認を忘れたまま発車し、本線から緊急避難用の側線に進入。砂利に乗り上げ脱線する事故が起きている。

「産経WEST」のランキング