産経WEST

【24hours 私のタイムスケジュール】甲南大講師 後藤彩子さん(37)夜に集中、朝は無理せずに

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【24hours 私のタイムスケジュール】
甲南大講師 後藤彩子さん(37)夜に集中、朝は無理せずに

「女王アリの採集は徹夜の作業になります」 「女王アリの採集は徹夜の作業になります」

 甲南大学(神戸市)で生物学を教える傍ら、アリの研究に取り組んでいます。子供のときからアリが行き交う様子を眺めることが好きでした。

 研究テーマは女王アリが精子を貯蔵する仕組みの解明です。なぜ10年以上も常温で貯蔵できるのか。これを解明すれば、ヒトや家畜の精子の保存にも応用が期待できます。

 女王アリを採集するタイミングは、実は年に1度。9月の雨上がりの日に交尾のために外を飛び回ります。その日は徹夜で捕獲して解剖します。普段も夜遅くまで研究することが多く、朝は無理なく過ごします。

 最近、ヒアリに関する報道が盛んです。ヒトを刺すおそれだけでなく、電気系統に入り込んで配線を噛むなど、経済的なダメージも懸念されます。いまは侵入の初期段階ですが、今後の動向が気になります。

このニュースの写真

  • 甲南大講師 後藤彩子さん(37)夜に集中、朝は無理せずに

「産経WEST」のランキング