産経WEST

【衝撃事件の核心】女性のビンタに男ブチ切れ、パン切り包丁で〝血の報復〟 巨大地下街を修羅場に変えた「神戸屋」の惨劇

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
女性のビンタに男ブチ切れ、パン切り包丁で〝血の報復〟 巨大地下街を修羅場に変えた「神戸屋」の惨劇

店内で起こった殺人未遂事件の後、休業した「神戸屋阪神梅田駅店」=大阪市北区 店内で起こった殺人未遂事件の後、休業した「神戸屋阪神梅田駅店」=大阪市北区

 大阪屈指の規模を誇る梅田の地下街にある有名パン販売チェーン店「神戸屋」で8月上旬、パート従業員の女性(28)が、同じパート従業員で後輩だった男(22)にパン切り包丁で切りつけられる事件が発生した。女性の悲鳴を聞いて駆けつけた通行人に制止され、大阪府警曽根崎署に現行犯逮捕された男は「女性に殴られ、頭が真っ白になった」と供述した。巨大地下街の一角を流血の修羅場に変えた事件。職場の先輩、後輩の間に何が起きたのか。

シャッターの向こう側で

 事件が起きたのは8月4日正午過ぎ。現場となった阪神百貨店梅田本店近くのパン販売店「神戸屋阪神梅田駅店」は、購入客らでにぎわうお昼時にもかかわらず、店のシャッターが閉まっていた。

 商談に向かうため、店の前の地下街を歩いていた京都市伏見区に住む会社員の男性Aさん(55)は、いつも営業しているはずの店が閉まっていたため、「変だな」と感じた。そのとき、誰もいないと思っていたシャッターの向こう側から女性の悲鳴が聞こえた。耳を澄ませると、悲鳴は立て続けに聞こえたという。

 「女性が監禁されているのかもしれない」

 そう思い、シャッター横にある通用口の扉を開けると、店の奥で男が女性に馬乗りになっていた。刃物は確認できなかったが、女性の左肩には血痕も見えた。「ただ事ではない」。周囲の人に女性の救出を手助けしてもらおうと、店のシャッターを拳で5回ほどたたいて「誰か来てください!」と叫んだ。

 出勤途中だった大阪府吹田市の映像制作業の男性Bさん(50)も女性の悲鳴のような声を聞いた。「最初はネコの鳴き声かと思った」が、Aさんが扉を開けて「やめろ!」と叫んでいるのを見て、何事かと店内をのぞきこんだ。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング