産経WEST

新種「ミカワサンショウウオ」と命名…生息域狭く絶滅の恐れ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


新種「ミカワサンショウウオ」と命名…生息域狭く絶滅の恐れ

新種と確認された「ミカワサンショウウオ」(京都大など提供) 新種と確認された「ミカワサンショウウオ」(京都大など提供)

 愛知県東部だけに生息する小型のサンショウウオが新種であることを、京都大や愛知教育大などの研究グループが25日までに遺伝子解析などで突き止め、「ミカワサンショウウオ」と命名した。生息域が非常に狭く、絶滅の恐れがあるという。日本爬虫両棲類学会の英文誌に発表した。

 茶褐色で、体長9センチ前後。愛知県新城市などの森林や湿地帯に生息、湿地内の流れの緩い水域で繁殖する。東北地方などの日本海側にいるクロサンショウウオや石川、富山両県のホクリクサンショウウオに近いが、脚が短いなどの違いがあり、遺伝子解析でも別種であることが分かった。

 中部地方西部に分布していた祖先の種が山岳地帯の形成によって、日本海側と太平洋側に分かれたと考えられるという。

 このサンショウウオの存在は1990年代に確認。見かけの違いから、愛知県の絶滅危惧生物リスト(レッドリスト)は「近い将来の絶滅の恐れが極めて高いサンショウウオの一種」としたが、名は付いていなかった。

 日本には小型のサンショウウオが約30種いるが、絶滅の恐れがあるとされる種が多い。

 グループの松井正文京都大名誉教授(動物系統分類学)は「環境の変化やマニアの乱獲で絶滅する可能性が大きい」と指摘。「条例や法律で捕獲禁止などの処置を取ることが緊急の課題だ」としている。

「産経WEST」のランキング