産経WEST

【エンタメよもやま話】世界を覆うリアルな脅威、1.5万発の核弾頭 威力シミュレーションサイトも登場

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【エンタメよもやま話】
世界を覆うリアルな脅威、1.5万発の核弾頭 威力シミュレーションサイトも登場

北朝鮮が2013年に発射実験を行ったミサイルの核弾頭の破壊力(TNT換算)は広島型の15キロトンにやや匹敵する10キロトン。これが大阪市役所の上空で爆発したとしたら、6万3390人が死亡し、24時間以内に23万4640人の負傷者が出る…と試算する「ニュークマップ」https://nuclearsecrecy.com/nukemap/ 北朝鮮が2013年に発射実験を行ったミサイルの核弾頭の破壊力(TNT換算)は広島型の15キロトンにやや匹敵する10キロトン。これが大阪市役所の上空で爆発したとしたら、6万3390人が死亡し、24時間以内に23万4640人の負傷者が出る…と試算する「ニュークマップ」https://nuclearsecrecy.com/nukemap/

 さて、今週ご紹介するエンターテインメントは、いま世界を騒がせているあの恐ろし過ぎる兵器に関するお話でございます。

 ご存じのように、北朝鮮の核・ミサイル開発を巡り、米国のドナルド・トランプ大統領(保守・共和党)と、北朝鮮の最高指導者である金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が対立を激化させています。

 とりわけ最近はまさに一触即発。北朝鮮がグアム沖へのミサイル発射検討を表明したことを受け、トランプ大統領は8月11日、休暇で滞在中のニュージャージー州で記者団に対し「米領グアムや米国の領土、そして同盟国に対して何かすれば、本当に後悔することになる。すぐに後悔するだろう」と述べ、北朝鮮側を牽制(けんせい)しました(米紙USA TODAY(USA トゥデイ)電子版8月11日付など)。

 その後、金委員長が米領グアムへのミサイル発射計画の留保を示唆(8月14日付米紙ウォールストリート・ジャーナルなど)したことで、一旦、状況は落ち着いたものの、国内外のさまざまなメディアが警告するように、米が北朝鮮に何らかの軍事的な“報復”を行えば、北朝鮮が韓国や日本に核ミサイルをぶっ放す可能性が出てきます。本当に恐ろしいことですが、米の出方次第によって、その可能性がゼロとは言えないのです。

 核戦争なんてハリウッドのSF映画だけのお話と思っていましたが、いまやその危機がリアルな現実に近づきつつあるのです。

 だがしかし。われわれの知る核兵器の知識といえば、はっきり言って、北朝鮮のミサイルの名前が“火星何とか”だというレベル。

 というわけで、音楽・映画はもちろん、国際政治や経済、IT(情報技術)、宇宙開発、食(グルメ)、健康、動物愛護、環境保護、UFO&地球外生命体騒ぎに至るまで、世界を騒がせる問題に“エンタメ目線”で切り込む本コラムといたしましては、今年はじめにご紹介した慰安婦問題に続き、核兵器の問題について詳しくご紹介いたします。

◇   ◇

■北朝鮮ミサイルで大阪の死者6万人、米国なら35万人…なんと、ロシアは

 国内外のメディアが米と北朝鮮の対立について日々、報じるなか、8月14日付の英紙デーリー・テレグラフ(電子版)は、世界に核弾頭がどれだけあり、それがどれほどの破壊力を持つかなどについて説明しています。

 そして、このテレグラフ紙が米ワシントンDCにある「兵器管理協会(Arms Control Association)」の最新データ(今年の7月5日付)を元に明らかにした内容は本当に衝撃的です。

数百万人を虐殺、数十の都市を破壊…太陽エネルギーの10%に匹敵、そして

このニュースの写真

  • 世界を覆うリアルな脅威、1.5万発の核弾頭 威力シミュレーションサイトも登場
  • 世界を覆うリアルな脅威、1.5万発の核弾頭 威力シミュレーションサイトも登場
  • 世界を覆うリアルな脅威、1.5万発の核弾頭 威力シミュレーションサイトも登場

「産経WEST」のランキング