産経WEST

福岡県と連携し本格復旧、九州北部豪雨の赤谷川

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


福岡県と連携し本格復旧、九州北部豪雨の赤谷川

 国土交通省は24日、九州北部の豪雨で被災した福岡県朝倉市の赤谷川の本格的な復旧工事について、福岡県と連携して河川改修や砂防事業を進めることを決めた。今後、九州地方整備局と県が中心となり、土木の有識者らの助言を得ながら必要な対策や事業内容を検討する。

 赤谷川は、大雨による増水で氾濫し、山の斜面から大量の土砂や流木が流れ込み堆積した。国交省は、複雑な被災状況を踏まえ、河川改修と砂防事業を一体として進める必要があると判断した。

 赤谷川は現在、国が権限代行制度によって応急復旧を進めているほか、砂防ダムの緊急整備にも着手している。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング