産経WEST

【将棋】藤井四段、棋王戦本戦・豊島将之八段戦で千日手指し直し 昼食は「和牛ステーキ定食」、豊島八段は「カレー定食」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【将棋】
藤井四段、棋王戦本戦・豊島将之八段戦で千日手指し直し 昼食は「和牛ステーキ定食」、豊島八段は「カレー定食」

藤井聡太四段の昼食「和牛ステーキ定食」 藤井聡太四段の昼食「和牛ステーキ定食」

前のニュース

 大阪市福島区の関西将棋会館で24日午前から行われている将棋界最多の29連勝を達成した最年少棋士、藤井聡太四段(15)と若手のトップ棋士、豊島将之八段(27)とのタイトル戦棋王戦本戦の対局は、午前11時53分、同一局面が4回現れて無勝負となる千日手が成立。昼休憩を挟んだ午後0時40分から、豊島八段の先手番で指し直す。

 この日の昼食は、藤井四段が大阪市福島区の「鋤焼きと日本酒 内山田」の「和牛ステーキ定食」(1200円)だ。若手棋士らが通う店という。

 豊島八段は、関西将棋会館近くの「やまがそば福島店」から、「カレー定食(うどん)」(830円)を注文した。カレーうどんといなりずしがセットになっている。

次のニュース

最年少プロ棋士 藤井聡太のニュース

このニュースの写真

  • 【将棋・棋王戦】終盤の強さで20連勝決める 藤井聡太四段、謙虚に「僥倖です」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング