産経WEST

【衝撃事件の核心】警察指導「慢心スルー」の末路 サブカルマニア受けは抜群、違法接待の人気「コスプレバー」摘発

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
警察指導「慢心スルー」の末路 サブカルマニア受けは抜群、違法接待の人気「コスプレバー」摘発

セーラー服やメイド服といったコスプレをした女性従業員に無許可で接待させたとして摘発された人気コスプレバー「カルテット」のホームページには、7月末で閉店することが告知された。ナスカグループの他の各店舗も大半が休業状態になっているという セーラー服やメイド服といったコスプレをした女性従業員に無許可で接待させたとして摘発された人気コスプレバー「カルテット」のホームページには、7月末で閉店することが告知された。ナスカグループの他の各店舗も大半が休業状態になっているという

 男は調べに対し、「(接待行為を可能にする)許可を取る手続きが煩雑だった」と供述し、「接待しないと売り上げが上がらなかった」とも明かしたという。

 府警は男がカルテットが明け方まで長時間営業できるよう、あえて許可を取らなかったとみている。

「事業再編のため休業」

 アニメやゲームといったサブカルチャー好きに有名だったナスカグループの経営者が逮捕されたことで、インターネット掲示板などでは残念がる声や驚きの声が上がった。「もっと厳しく取り締まるべき店があるだろう」といった書き込みもあった。

 実際、今回の逮捕容疑は、女性従業員がカウンター越しに男性客と長時間談笑したり、ドリンクを出したりしたという内容だ。「ほかの店でもこれぐらいやっているのでは」と思う人も多いかもしれない。捜査関係者は「一罰百戒というか、見せしめみたいなところがあるのでは」と指摘した。

 現在、ナスカグループのホームページには「この度、事業の再編に伴って、当面の間店舗の営業をお休みさせていただくことになりました」という告知文が掲載されている。捜査幹部によると、グループ26店舗のうち、摘発されたカルテットは7月末で閉店し、残る店の大半も休業状態となっている。

このニュースの写真

  • 警察指導「慢心スルー」の末路 サブカルマニア受けは抜群、違法接待の人気「コスプレバー」摘発

関連トピックス

「産経WEST」のランキング