産経WEST

金塊窃盗罪の男を追起訴 逃走中に事故、2人けが 名古屋地検

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


金塊窃盗罪の男を追起訴 逃走中に事故、2人けが 名古屋地検

 福岡市で昨年7月、約7億5千万円相当の金塊を盗んだ疑いで指名手配され、車で逃走中に名古屋市で信号無視して事故を起こしたとして、名古屋地検は22日、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の罪で、愛知県日進市の無職、中垣龍一郎容疑者(41)=窃盗罪で起訴=を追起訴した。

 起訴状によると、5月29日、パトカーの追跡を逃れるため、名古屋市の交差点に赤信号を無視して進入し、別の車と衝突。運転していた男性会社員(45)と、車の部品が当たった専門学校生の女性(21)に軽傷を負わせたとしている。

 愛知県警によると、事故時、中垣被告は主犯格とみられる野口直樹被告(43)とともに指名手配されていた。直前に警察官が現場付近で2人が乗った不審な車を発見。停止を求めたが従わず、車は逃走した。

「産経WEST」のランキング