産経WEST

長崎・平戸沖で押し船沈没、1人死亡、2人不明、3人は無事 海は穏やかだったが…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


長崎・平戸沖で押し船沈没、1人死亡、2人不明、3人は無事 海は穏やかだったが…

押し船が転覆した長崎県平戸市沖の現場付近を捜索する海上保安庁の巡視船=22日午前 押し船が転覆した長崎県平戸市沖の現場付近を捜索する海上保安庁の巡視船=22日午前

 22日午前3時40分ごろ、長崎県の平戸市沖で、長崎市の「葵新建設」が所有し、台船などを動かす押し船「第6あおい丸」(98トン)が遭難信号を出した後、沈没した。男性乗組員6人のうち4人が引き上げられたが、福岡市南区の航海士大浦作美さん(59)は溺死した。他の48~66歳の3人は命に別条がないという。佐世保海上保安部などが、船長竹谷和浩さん(48)=長崎県新上五島町=と航海士丸山勝広さん(46)=同県平戸市=の行方を捜している。

 同保安部によると、押し船は先頭部が台船(約1300トン)と連結しており、ともに沈んだ。21日に長崎県・壱岐沖で砂利を採取し、同県諫早市の港へ向かう途中、現場付近でいかりを下ろして停泊していたという。運輸安全委員会は22日、船舶事故調査官2人を平戸市に派遣した。

 現場は平戸港の北東4キロ付近。当時の天候は晴れで、海は穏やかだったという。

「産経WEST」のランキング