産経WEST

【華麗なる宝塚】雪組新トップ・望海風斗、憧れのトップコンビ像 「ちぎみゆ」のように刺激与え合う関係に プレお披露目公演

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【華麗なる宝塚】
雪組新トップ・望海風斗、憧れのトップコンビ像 「ちぎみゆ」のように刺激与え合う関係に プレお披露目公演

宝塚雪組新トップ、望海風斗=兵庫県宝塚市の宝塚歌劇団(南雲都撮影) 宝塚雪組新トップ、望海風斗=兵庫県宝塚市の宝塚歌劇団(南雲都撮影)

 宝塚歌劇団雪組の新トップ、望海風斗(のぞみ・ふうと)と相手役、真彩希帆(まあや・きほ)のプレお披露目公演となる全国ツアー「琥珀色の雨にぬれて」(作・柴田侑宏氏、演出・正塚晴彦氏)「“D”ramatic S!」(作・演出、中村一徳氏)が25日、開幕する。大阪・梅田芸術劇場メインホールを皮切りに9月18日まで巡るツアー。望海は「今の自分たちにできるものを、精一杯やりたい」と話す。

早霧&咲妃コンビ支えた実力派スターが率いる“新生・雪組”の船出

 前トップコンビ、早霧(さぎり)せいなと咲妃(さきひ)みゆを支えた実力派スター率いる、“新生・雪組”の船出。「段々と(トップ就任を)感じてきましたが、ちぎ(早霧)さん退団の実感はなくて。次の集合日にいらっしゃる気がする」と笑う。

 「琥珀-」は昭和59年に花組で初演後、再演を重ねている名作。第一次世界大戦後のパリ。貴族の青年クロードと魔性の女シャロンを軸に、クロードを慕う少女、シャロンに惚れるジゴロを交えた恋愛劇。プロローグのタンゴも印象的だ。

 以前に舞台映像を見たときは「大人の恋愛」と感じた。が、今回見返して印象が変わったという。「どうにかならなかったのかなと(笑)。クロードがどう動けば変わったのかを考えながら見ていました」

 主人公が一瞬で心を奪われる、ヒロインとの最初の出会いがカギと考える。それには戦中、戦闘機パイロットだった背景を想像することが大切とも。

続きを読む

このニュースの写真

  • 雪組新トップ・望海風斗、憧れのトップコンビ像 「ちぎみゆ」のように刺激与え合う関係に プレお披露目公演
  • 雪組新トップ・望海風斗、憧れのトップコンビ像 「ちぎみゆ」のように刺激与え合う関係に プレお披露目公演
  • 雪組新トップ・望海風斗、憧れのトップコンビ像 「ちぎみゆ」のように刺激与え合う関係に プレお披露目公演
  • 雪組新トップ・望海風斗、憧れのトップコンビ像 「ちぎみゆ」のように刺激与え合う関係に プレお披露目公演

「産経WEST」のランキング