産経WEST

【衝撃事件の核心】「心がぐちゃぐちゃ」20歳女子大生〝愛の暴走〟…復縁断った「竹野内豊似イケメン」元カレを金づち、スタンガンで襲撃

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「心がぐちゃぐちゃ」20歳女子大生〝愛の暴走〟…復縁断った「竹野内豊似イケメン」元カレを金づち、スタンガンで襲撃

元交際相手の男性に復縁を迫り、断られたことから、自室で金づちや包丁、果てはスタンガンで襲撃した女子大生。逮捕後、警察の取り調べに対し「自分があの人を好きなことを周囲に知ってもらいたかった」と不可解な動機を語った 元交際相手の男性に復縁を迫り、断られたことから、自室で金づちや包丁、果てはスタンガンで襲撃した女子大生。逮捕後、警察の取り調べに対し「自分があの人を好きなことを周囲に知ってもらいたかった」と不可解な動機を語った

 だが、日本女子大の岡本吉生教授(犯罪心理学)は「男女関係において、男性が極端に支配欲が強く、女性が極端に独占欲が強いといった性差のようなものは存在しない」と指摘。「男女間のトラブルは、どちらかが一方的に良い悪いという問題ではなく、相互関係が作用して起きることが多い。表面的な状況だけで原因を解明するのは困難であり、個々の事例ごとに細かい分析が必要だ」と強調する。

 女子大生は犯行の約1週間前、ツイッターに「どれが自分の本当の気持ちかわからない。苦しみ。こころがぐちゃぐちゃしてる」と投稿していた。

 バラ色の学生生活も今は昔。元カレとの復縁に固執した代償は大きかったに違いない。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング