産経WEST

【衝撃事件の核心】「われわれの民族教育は正当」悪夢一転、チマチョゴリ女子も感涙…独裁称賛に公金支出を許した朝鮮学校訴訟判決の中身

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「われわれの民族教育は正当」悪夢一転、チマチョゴリ女子も感涙…独裁称賛に公金支出を許した朝鮮学校訴訟判決の中身

朝鮮学校の高校無償化をめぐる訴訟の判決で原告側が勝訴し、大阪地裁前に掲げられた垂れ幕=7月28日午前 朝鮮学校の高校無償化をめぐる訴訟の判決で原告側が勝訴し、大阪地裁前に掲げられた垂れ幕=7月28日午前

 「すべての意志ある人が質の高い教育を受けられる国を目指していこうではありませんか。このために、財源をきちんと確保しながら、子ども手当の創設、高校の実質無償化、奨学金の大幅な拡充などを進めていきたいと思っております」

 同年10月、政権交代を果たした民主党の鳩山由紀夫首相(当時)は所信表明演説でこう述べている。ただ、鳩山氏が掲げたこうした友愛的政策、特に朝鮮学校を含めて無償化の対象とすることには同じ党内からも反発の声があった。

 21年末には、中井洽(ひろし)拉致担当相(同)が「(北朝鮮に)制裁をかけていることを十分考慮してほしい」として、川端達夫文科相(同)に朝鮮学校の除外を要請しており、結局、22年4月の無償化法施行時は適用が見送られた。

 同年11月には北朝鮮による韓国・延坪(ヨンピョン)島砲撃が発生し、菅直人首相(同)が朝鮮学校の審査凍結を指示している。

 菅首相は23年8月に審査再開を指示するが、結論が出ないまま民主党は下野。24年12月に誕生した安倍晋三首相の自公政権が朝鮮学校を無償化対象とするために必要な文科省令の規定を削除(争点となった省令改正)し、朝鮮学校10校を不指定としていた。

「平和な社会」呼びかけるべき相手は…

 「行政の不当な差別行為を司法が取り消す画期的な判決だ」「われわれの民族教育は正当であり、民族教育は法的保護に値する権利であることが証明された」

 7月28日。大阪訴訟の閉廷後に大阪市内で開かれた原告側の記者会見では、怒りを表明した広島訴訟とは一転して、大阪朝鮮学園の声明が朗々と読み上げられた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「われわれの民族教育は正当」悪夢一転、チマチョゴリ女子も感涙…独裁称賛に公金支出を許した朝鮮学校訴訟判決の中身

関連トピックス

「産経WEST」のランキング