産経WEST

【衝撃事件の核心】「われわれの民族教育は正当」悪夢一転、チマチョゴリ女子も感涙…独裁称賛に公金支出を許した朝鮮学校訴訟判決の中身

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「われわれの民族教育は正当」悪夢一転、チマチョゴリ女子も感涙…独裁称賛に公金支出を許した朝鮮学校訴訟判決の中身

朝鮮学校の高校無償化をめぐる訴訟の判決で原告側が勝訴し、大阪地裁前に掲げられた垂れ幕=7月28日午前 朝鮮学校の高校無償化をめぐる訴訟の判決で原告側が勝訴し、大阪地裁前に掲げられた垂れ幕=7月28日午前

広島訴訟は〝資金流用〟の懸念を指摘

 一方で、大阪地裁判決の前の週にあった同種訴訟の広島地裁判決は国の処分を適法とし、朝鮮学校側の全面敗訴を言い渡している。

 広島地裁判決は、整理回収機構(RCC)が過去に広島朝鮮学園(広島市)を相手取って起こした貸金返還訴訟で、学園が朝鮮総連の強力な指導下にあったと認定された点を重く見た。そして「朝鮮総連のために学校法人の名義や資産を流用した過去がある」と指摘し、無償化資金が本来の授業料に充てられず、朝鮮総連側に流れる懸念があるとした国側の主張を追認したのだ。

 「子供たちの学習権はどうするんだ」「不当判決だ」。判決の言い渡しが終わった法廷では、傍聴席を埋めた原告や支援者から悲痛な叫びが上がり、チマチョゴリ姿の女性らがハンカチを顔に当て、泣き崩れる場面もみられた。

 閉廷後の報告会では、原告側弁護団長の足立修一弁護士が「到底許すことはできない。著しい差別に居直る極めて不当な判決だ」と批判。広島朝鮮学園は「自分のルーツを学ぶという基本的人権を侵すという国家による差別だ。勝利まで闘い続ける」とする抗議声明を出した。

 大阪訴訟も国側主張の大枠は同じだが、朝鮮総連と原告となった大阪朝鮮学園とのつながりについては、広島のような証拠は出されていなかった。このため大阪地裁判決は「全国の朝鮮学校の運営は学校法人ごとに個別に行われている」として、広島の事例は一切考慮しなかった。

無償化の発端は鳩山由起夫氏

 そもそも高校無償化は21年の衆院選の際、当時の民主党がマニフェスト(政権公約)に盛り込んだものだった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「われわれの民族教育は正当」悪夢一転、チマチョゴリ女子も感涙…独裁称賛に公金支出を許した朝鮮学校訴訟判決の中身

関連トピックス

「産経WEST」のランキング