産経WEST

【九州北部豪雨】さだまさしさんが被災者を激励「一緒に闘いましょう」支援金を寄付、無料コンサートも

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【九州北部豪雨】
さだまさしさんが被災者を激励「一緒に闘いましょう」支援金を寄付、無料コンサートも

大分県日田市小野地区の公民館でコンサートを開いた歌手のさだまさしさん=19日午後 大分県日田市小野地区の公民館でコンサートを開いた歌手のさだまさしさん=19日午後

 歌手のさだまさしさん(65)が19日、九州北部の豪雨で被害を受けた大分県日田市や福岡県朝倉市などを訪れ、自身が設立した公益財団法人「風に立つライオン基金」に寄せられた支援金計300万円を寄付した。日田市では約200人を前に無料コンサートを開き「これからが大変だと思いますが、一緒に闘いましょう」と呼び掛けた。

 さださんは2012年の九州北部豪雨の際、日田市でチャリティーコンサートを開き、住民らと交流を続けていた。

 日田市では大規模な土砂災害が発生した小野地区の公民館でコンサートを開催。「元気を届けに来ました。日本中の人が心から応援しています」と激励の言葉を掛け、「案山子」や「関白宣言」などを熱唱した。

 コンサートの後、原田啓介市長に100万円の支援金の目録などを渡し、原田市長は「市民の心を癒やしてくれた。明日への大きな一歩になった」と感謝の言葉を述べた。会場を訪れた女性(41)は「一人じゃないんだと思い泣いてしまった。頑張っていけるような気がした」と笑顔で話した。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング