産経WEST

【森友学園問題】籠池容疑者を再逮捕へ 幼稚園の府市・補助金詐取容疑で 大阪地検特捜部

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【森友学園問題】
籠池容疑者を再逮捕へ 幼稚園の府市・補助金詐取容疑で 大阪地検特捜部

籠池泰典容疑者 籠池泰典容疑者

 学校法人「森友学園」(大阪市淀川区)が運営する塚本幼稚園で大阪府・市の補助金をだまし取った疑いが強まったとして、大阪地検特捜部が週明けにも、詐欺容疑で学園前理事長の籠池(かごいけ)泰典=本名・康博=容疑者(64)=別の詐欺容疑で逮捕=を再逮捕する方針を固めたことが18日、関係者への取材で分かった。妻の諄子(じゅんこ)=同・真美=容疑者(60)=同=も不正受給を認識していた疑いがあり、特捜部が裏付け捜査を進めている。

 府市によると、学園は平成23年度以降、学園が運営する塚本幼稚園で、専任の教職員数に応じて支給される大阪府の人件費補助を水増しして請求。特別な支援が必要な「要支援児」の受け入れに関する大阪府・市の補助金も園児の病状を偽るなどして詐取した疑いが持たれている。

 一連の申請手続きは、当時園長だった籠池容疑者が担い、副園長だった諄子容疑者は経理業務を担当していたとされる。

 府市は不正受給額は計約約6600万円に上ると認定して籠池容疑者を詐欺罪で告訴。保護者も同様の告発状を提出していた。特捜部は府職員や園児の保護者らから聞き取りを進め、6月に籠池容疑者の自宅や塚本幼稚園など関係先の家宅捜索に踏み切っていた。

 籠池容疑者は家宅捜索を受けた後、不正受給について「反省すべき点はあるが故意ではない」との見解を示していた。

 一方、学園が大阪府豊中市の国有地で計画していた小学校建設をめぐっては、特捜部が7月31日、建設費を水増しした契約書を提出して国の補助金約5600万円(後に全額返還)を詐取したとして両容疑者を逮捕している。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング