産経WEST

四国から鉄道をなくすな-路線維持に向けJR、4県知事ら初会合 「自助努力のみでは困難」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


四国から鉄道をなくすな-路線維持に向けJR、4県知事ら初会合 「自助努力のみでは困難」

 四国4県とJR四国は18日、人口減少で将来の利用者減が見込まれる鉄道路線網の維持に向け、対策を話し合う懇談会の初会合を高松市で開いた。

 懇談会は、神戸大大学院の正司健一教授が座長を務め、4県の知事やJR四国の半井真司社長らで構成。来夏ごろにまとめる中間報告を基に、県ごとに分科会を開いて具体的な対策を検討する。

 半井社長は会合の冒頭で「10年、20年先を見据えた場合、自助努力のみでは今の路線の維持が困難になることが想定される。抜本的な対策について地域を挙げて議論していただきたい」とあいさつ。正司教授は「道は決して平たんではないが、四国のみならず日本全体に発信できるような議論ができればと思う」と話した。

 JR四国がこれまで公表を控えていた路線ごとの収支状況について、半井社長は議論の参考資料として、来年の2回目以降の会合で示す考えがあると明らかにしている。

「産経WEST」のランキング