産経WEST

20万人踊り明かす「郡上おどり」の徹夜おどり始まる 岐阜県郡上市

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


20万人踊り明かす「郡上おどり」の徹夜おどり始まる 岐阜県郡上市

浴衣姿の男女でにぎわう「郡上おどり」の「徹夜おどり」=13日夜、岐阜県郡上市 浴衣姿の男女でにぎわう「郡上おどり」の「徹夜おどり」=13日夜、岐阜県郡上市

 国の重要無形民俗文化財に指定され、老若男女が夜明けまで踊り明かす岐阜県の夏の風物詩「郡上おどり」の「徹夜おどり」が13日夜、城下町の風情が漂う郡上市八幡町で始まった。

 郡上おどりは、約400年前、藩主が武士や農民の親睦を深めようと、藩内の各地で行われていた盆踊りを城下に集めたのが始まりと言われ、毎年、7月中旬から9月上旬にかけての夜間、市内の神社や公園などで踊りが繰り広げられる。

 8月13~16日の4夜は、午後8時から空が白み始める翌日午前4時ごろまで、地元住民や観光客が踊り明かす。

 郡上市は、この4日間で約20万人の人出を見込んでいる。

「産経WEST」のランキング