産経WEST

似てまへんか…? 大阪万博最大のライバル・フランスの候補地決定 パリ郊外サクレー 科学技術で類似点

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


似てまへんか…? 大阪万博最大のライバル・フランスの候補地決定 パリ郊外サクレー 科学技術で類似点

2025年国際博覧会(万博)の構想を比較すると、日本とフランスは微妙に似ているところもある 2025年国際博覧会(万博)の構想を比較すると、日本とフランスは微妙に似ているところもある

「健康」や「医療」もキーワードで、京都大iPS細胞研究所や神戸医療産業都市など関西に集積するライフサイエンス研究施設との連携をアピールする。

 会場候補地の夢(ゆめ)洲(しま)は現在、万博用地を埋め立て中で、万博開催までに造成を完了する計画。大阪市中心部からの近さに加え、今は更地の用地を自由に使える点などをメリットとする。

 日仏とも「科学技術」などが開催のキーワードとなる可能性が高いが、誘致委員会の担当者は「10年後にどんな世界の未来像を描けるかが勝負」と強気の構え。松井一郎大阪府知事も「フランスは『パリ協定』を焼き直しするイメージだが、日本は人にスポットを当ててテーマ設定している」と強調し、「中身で選んでもらえるよう、しっかりと訴えていきたい」としている。

 25年万博の開催地には日仏以外に、ロシアのエカテリンブルクとアゼルバイジャンのバクーが立候補しており、来年11月に行われる博覧会国際事務局(BIE)加盟国による選挙で決定する。

このニュースの写真

  • 似てまへんか…? 大阪万博最大のライバル・フランスの候補地決定 パリ郊外サクレー 科学技術で類似点

「産経WEST」のランキング