産経WEST

お笑いの甲子園、神戸の女子高生が初優勝 「動物園」テーマに落語演じきる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


お笑いの甲子園、神戸の女子高生が初優勝 「動物園」テーマに落語演じきる

「笑顔甲子園」でグランプリを獲得した松岡華瑠さん=13日午後、愛媛県新居浜市 「笑顔甲子園」でグランプリを獲得した松岡華瑠さん=13日午後、愛媛県新居浜市

 高校生が漫才やコント、落語などでお笑い日本一を競う第7回「笑顔甲子園」の決勝が愛媛県新居浜市で13日開かれ、神戸市の神戸北高3年、松岡華瑠さん(17)=芸名「はなる」=が、3回目の出場で初のグランプリを獲得した。

 松岡さんは決勝で、「動物園」の演目で初めて落語に挑戦。アルバイトで動物園のトラになりすます男を表情豊かに演じ切り、会場は大爆笑。受賞後、「とてもうれしい。3度の出場で成長できた」と笑顔で語った。

 準グランプリは、落語「松竹梅」を演じた東京都の中央大杉並高2年の坂本誓さん(18)=芸名「杉遊亭ちがう」。

 毎年来ている新居浜市の無職、亀井エツ子さん(83)は「おもしろかった。家にこもっているより元気が出る」とほほ笑んだ。

 笑顔甲子園は、地元の人を笑顔にしようと新居浜市が平成23年から開始。5都道県から9組が参加した。今年から「おもしろ動画部門」が新設され、特別賞に選ばれた動画2本が上映された。

このニュースの写真

  • お笑いの甲子園、神戸の女子高生が初優勝 「動物園」テーマに落語演じきる
  • お笑いの甲子園、神戸の女子高生が初優勝 「動物園」テーマに落語演じきる

「産経WEST」のランキング