産経WEST

【大学の女子力】人を笑顔にできる化粧品つくりたい 大阪樟蔭女子大(1)学芸学部客員研究員、岡坂真奈さん(25)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大学の女子力】
人を笑顔にできる化粧品つくりたい 大阪樟蔭女子大(1)学芸学部客員研究員、岡坂真奈さん(25)

美容分野の研究に取り組む岡坂真奈さん 美容分野の研究に取り組む岡坂真奈さん

 大学院では化粧品研究のスペシャリストでもある指導教官の高田定樹教授と出会い、現在の研究テーマに開眼する。シャンプーの施術で皮膚のバリア機能が破壊され、ひどい肌荒れで美容師を辞めざるを得ないケースが多い現状を知ったからだ。

◎   ◎

 とはいえ、学部時代は化学や数学など理系の勉強とは無縁の岡坂さんにとって大学院はまさに未知の世界だった。このため皮膚科学の学術書を丹念に読み込み、少しでも疑問点があれば必ず高田教授に質問し、専門知識を増やしていった。そんな前向きな姿に高田教授も「研究熱心で今後の活躍を大いに期待したい」とエールを送る。

 修士論文の内容は昨年の日本薬剤学会で発表し、近く英文の科学雑誌にも掲載される予定だ。「いま美容分野の研究をしている自分の姿が信じられません」。そう話す岡坂さんの夢は大きい。「多くのひとを笑顔にできる化粧品をつくりたい」と目を輝かせた。

「産経WEST」のランキング