産経WEST

【脳を知る】この季節に増える熱中症 帽子・水分補給・規則正しい睡眠…普段から予防策を

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【脳を知る】
この季節に増える熱中症 帽子・水分補給・規則正しい睡眠…普段から予防策を

熱中症にならないように、外では日傘をさし、こまめに水分補給を 熱中症にならないように、外では日傘をさし、こまめに水分補給を

 この季節になると、若い方からお年寄りまで、多数の熱中症の患者が救急外来に搬送されてきます。

 熱中症は、気温や湿度が高い環境に私たちの身体が対応できないことで生じるさまざまな症状の総称です。脱水による体温の上昇と、それに伴う色々な臓器への血流の低下が主な病態です。

 重症の場合、死亡のほか、脳の障害などの後遺症を残すことがあります。気温が25度くらいから患者が発生し、31度を超えると急激に増加します。日射病とは異なり、室内にいても発症します。特に高齢の方は要注意です。

 熱中症の初期の症状は、体温の異常な上昇、めまいや立ちくらみ、失神が代表的です。炎天下や暑い室内でのスポーツ、長時間労働などにより体内に熱がこもり、体温が上昇すると、こもった熱を外に逃がし、体温を下げる目的で、皮膚の血管が広がります。すると全身を流れる血液の量が減少して血圧が下がり、脳への血流が低下し、めまいや失神などの症状を生じます。さらに全身の倦怠(けんたい)感や頭痛、吐き気や嘔吐(おうと)、手足の筋肉の「こむら返り」のような症状を伴うこともあります。

 このような熱中症の可能性のある方を見かけたら、まずは意識の確認を。呼びかけに反応しないなど意識がはっきりしないときは、非常に危険な状態です。すぐ救急車を呼んでください。意識がはっきりしている場合は、次のような対処をお願いします。

続きを読む

「産経WEST」のランキング