産経WEST

【世界ミニナビ】大波乱の韓国「脱原発」…会場封鎖に奇襲理事会、着地点はどこに

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界ミニナビ】
大波乱の韓国「脱原発」…会場封鎖に奇襲理事会、着地点はどこに

7月13日、韓国・慶州の韓国水力原子力本社で、理事らが入るのを阻む労組メンバーら(聯合=共同) 7月13日、韓国・慶州の韓国水力原子力本社で、理事らが入るのを阻む労組メンバーら(聯合=共同)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の脱原発政策が早くも混乱している。政府が6月27日の閣議で、新古里(シンコリ)原子力発電所5、6号機の工事を一時中断し、社会的な議論を経て工事の是非を判断することを決めた。原発を運営する韓国水力原子力(韓水原)にとりあえずの工事中断を求めたところ、韓水原の理事会開催を労組などが会場封鎖で阻止。その後、理事会は別の場所で奇襲的に開催して工事中止を決定して対抗した。エネルギー政策の冷静な議論が求められる中、場外乱闘が目立っている。

会場封鎖と奇襲理事会

 「新古里5、6号機をめぐる社会的な合意を導き出す」

 文大統領が6月19日、南東部の釜山(プサン)郊外で運転を終了した古里(コリ)原発1号機で演説し、脱原発を宣言した際にこう発言したのが発端だ。政府は同27日、工事進捗率約3割の新古里原発5、6号機の工事を一時中断し、公論化委員会を構成して市民陪審員が原発工事中断の是非を判断することを閣議決定した。それを受け、産業通商資源部が韓水原に工事の一時中断の履行協力を求める公文書を送付していた。

 韓国紙・東亜日報(日本語電子版)によると、7月13日に慶北慶州市の韓水原本社で理事会を開こうとしたが、工事中止に反対する労組と新古里周辺の住民らが本社1階ロビーに集結して「建設中止絶対反対」と叫び、正門から非常任理事らが入ろうとするのを阻止。労組関係者らが「働き続ける職場をこのように捨てるわけにはいかない」と主張し、出入りを封鎖したため理事会の開催は見送られたという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 大波乱の韓国「脱原発」…会場封鎖に奇襲理事会、着地点はどこに
  • 大波乱の韓国「脱原発」…会場封鎖に奇襲理事会、着地点はどこに

関連ニュース

「産経WEST」のランキング