産経WEST

【メガプレミアム】「ホーーーー、ホワホワ!」“オタ芸”のかけ声で曲が聞こえない…アイドルコンサートやり直し求め憤怒の法廷闘争

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【メガプレミアム】
「ホーーーー、ホワホワ!」“オタ芸”のかけ声で曲が聞こえない…アイドルコンサートやり直し求め憤怒の法廷闘争

アイドルのコンサート会場。自席の周囲で繰り広げられた「オタ芸」の渦の中で、「曲が聞こえない」とキレた男性。コンサートのやり直しや損害賠償を求めて主催者側を提訴したが… アイドルのコンサート会場。自席の周囲で繰り広げられた「オタ芸」の渦の中で、「曲が聞こえない」とキレた男性。コンサートのやり直しや損害賠償を求めて主催者側を提訴したが…

 一方、ある芸能事務所(東京)の担当者は「ステージそっちのけでクラブみたいに自分たちの世界に入り込み、周囲の客に体をぶつけるなど迷惑行為となるオタ芸は禁止しないと無法地帯になってしまう」として、規制の必要性があると語った。現状ではオタ芸をあおるアイドルもいれば、基本的に禁止しているアイドルもいるという。

 アイドルファン歴の長いある男性はオタ芸について「目立つ動きをして、アイドルに自分を見てもらいたいという思いもある」と承認欲求を含むものだと解説し、ともすれば暴走しがちな「芸」ではあると教えてくれた。

 コウベリーズはその後、現在の事務所に移籍。事務所の担当者は「曲に合ったコールをしてもらえるのはすごく高揚感も出るし、盛り上がる。今はマナーを守るファンがほとんどで、盛り上がっている」とした。(5月31日掲載)

▼【関連ニュース】中年オタク「彼女は僕のアイドル」コスプレ、盗撮…ゆがんだ恋情 “お姫様系”スタジオに置き時計型カメラ

▼【関連ニュース】世界うならすオタク職人「サザエさん」「キン肉マン」「ひこにゃん」を和菓子で再現“神業”

■産経ニュースが日々お届けするウェブ独自コンテンツの「プレミアム」。人気のあった記事を厳選し、【メガプレミアム】として再掲します。人物の年齢や肩書き、呼称などは原則として掲載時のままとなっております。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング