産経WEST

【世界陸上】荒井、優勝へチャンス 競歩男子50キロ リオの金銀が不在

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界陸上】
荒井、優勝へチャンス 競歩男子50キロ リオの金銀が不在

写真撮影に臨む競歩日本代表の(左から)荒井広宙、岡田久美子、松永大介 =11日、イギリス・ロンドン (川口良介撮影) 写真撮影に臨む競歩日本代表の(左から)荒井広宙、岡田久美子、松永大介 =11日、イギリス・ロンドン (川口良介撮影)

 男子20キロはリオ7位の松永に加え、国内では日本選手権3連覇中の高橋英輝(えいき、富士通)、ロンドン五輪18位のベテラン、藤沢勇(ALSOK)と層が厚い。とくに高橋は海外勢のペース変化に対応すべく、今季は調整の一環で50キロにも挑戦するなど国際大会をつねに意識してきた。女子20キロの岡田久美子(ビックカメラ)も入賞を見据える。

 現地の天気予報では、13日午前は気温は20度を割り込む予想。11日にロンドン市内で開かれた日本代表の記者会見では、この点に選手の関心が集まり、「涼しければ涼しいほど高速レースになる」(松永)と口をそろえた。好条件下で、世界の表彰台を目指し、歩を進める。(坂井朝彦)

「産経WEST」のランキング