産経WEST

流され不明の父子が死亡、福岡の海岸 死者4人に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


流され不明の父子が死亡、福岡の海岸 死者4人に

 福岡県古賀市の海岸で11日、父子ら4人が溺れ2人が死亡した事故で、行方不明になっていた父親の会社員、小野克弘さん(36)=同県宇美町=と息子の小学生、健君(7)が12日朝見つかり、搬送先の病院でいずれも死亡が確認された。この事故の死者は4人になった。

 福岡県警粕屋署によると、小野さんは11日に死亡が確認された森尾陵ちゃん(5)の母親と近く結婚する予定で、母親を含めて海水浴に来ていた。署は、海岸から沖に向けて強い流れが生じる「離岸流」に巻き込まれた可能性があるとみて原因を調べている。

 県警や福岡海上保安部が12日早朝から捜索を再開。克弘さんは午前5時35分ごろ、近くの海岸に打ち上げられているのを報道関係者が発見。健君は午前7時50分ごろ、海岸から約100メートル沖合にうつぶせで浮いているのを粕屋署員が見つけた。

 事故は11日午後、古賀市天神の海岸で海水浴をしていた小野さんと健君、陵ちゃんが流され、助けようとした福岡市東区の会社員、寺田一也さん(49)も溺れた。陵ちゃんと寺田さんは11日夕方までに見つかり、死亡が確認された。

「産経WEST」のランキング