産経WEST

福岡の海岸で4人溺れ男児ら2人死亡、2人は不明

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


福岡の海岸で4人溺れ男児ら2人死亡、2人は不明

 11日午後1時55分ごろ、福岡県古賀市天神6丁目の花鶴川河口付近の海岸で複数の人が流されたと119番があった。森尾陵ちゃん(5)=同県宇美町=と兄(7)、父親(36)の計3人が行方不明となり、陵ちゃんは約2時間後に発見されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。近くにいて3人を助けようとした寺田一也さん(49)=福岡市東区=も溺れ、死亡した。死因はいずれも溺死だった。

 福岡県警や福岡海上保安部がヘリコプターや巡視艇で不明の2人を捜索したが、夜までに見つからず打ち切った。12日朝に再開する。県警粕屋署によると、3人は家族で海水浴に来ており、男児2人の母親は無事だった。

 河口付近の海岸には、離岸流が発生する場所で過去にも死亡事故が起きたとして「遊泳は危険です」と警告する看板が立っていた。

 現場で様子を見ていた男性(69)によると、家族は砂浜にテントを張って遊んでおり、子ども2人だけで海に入っていて沖に流され、父親が慌てて向かったという。

 男性は「沖に向かう流れが強く、自分もなかなか浜へ戻れなかった。子どもが流され危ないと思ったら、すぐに姿が見えなくなった。一瞬の出来事だった」と話した。

 別の男性(36)は「母親とみられる女性が警察官に話を聴かれ、しゃがんで顔を両手で覆って泣いていた」と語った。

 福岡管区気象台によると、風速は近くの宗像市で4メートル。現場がある玄界灘の波の高さは1・5メートル程度で、やや高い状態だった。警報や注意報は出ていなかった。

「産経WEST」のランキング