産経WEST

ヒアリ対策で神戸市が有識者会議、五箇公一氏が会長に 初動対応マニュアルの作成へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ヒアリ対策で神戸市が有識者会議、五箇公一氏が会長に 初動対応マニュアルの作成へ

神戸市が「ヒアリ」対策で設置した有識者会議の初会合=10日、神戸市中央区(小松大騎撮影) 神戸市が「ヒアリ」対策で設置した有識者会議の初会合=10日、神戸市中央区(小松大騎撮影)

 神戸港をはじめ、全国各地で毒アリ「ヒアリ」が確認されている問題を受け、神戸市は10日、市役所でアリの専門家らを集めた有識者会議の初会合を開いた。水際でのヒアリの侵入・定着防止の基本方針などが協議され、市が発見時の初動対応マニュアルを作成することが示された。

 初会合には、アリの専門家4人と環境省職員や港湾事業者ら計17人が出席。同会議の会長には、国立環境研究所生物・生態系環境研究センターの五箇(ごか)公一室長が就任した。

 会議では、市の担当者が特定外来生物のヒアリが見つかった神戸港のコンテナヤード周辺で実施した捕獲用トラップなどでの調査結果や来年3月まで調査を続けることなどを報告。ヒアリが侵入する可能性が高いヤードを「管理区域」に指定し、市内を5つの区域に分けてマニュアルを作成することを明らかにした。

続きを読む

「産経WEST」のランキング