産経WEST

和歌山・熊野地域のまちおこしから世界へ 自転車レースに挑む建設機械レンタル会社「キナン」の夢

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


和歌山・熊野地域のまちおこしから世界へ 自転車レースに挑む建設機械レンタル会社「キナン」の夢

風光明媚な和歌山・太地湾を望みながらトレーニングに励む選手たち(キナンサイクリングチーム提供) 風光明媚な和歌山・太地湾を望みながらトレーニングに励む選手たち(キナンサイクリングチーム提供)

 和歌山県新宮市に本拠を置く建設機械レンタル会社「キナン」が、地域貢献のため自転車ロードレース事業を手がけ、世界をまたにかける活動を展開している。地元の熊野地域で10年前から国際レース「ツール・ド・熊野」を開催し、毎年、日本やアジアのトップチームを招聘。さらに2年前、地元を拠点とするプロチーム「キナンサイクリングチーム」を立ち上げ、今シーズンはアジア各国のレースで何度も優勝・入賞を果たしている。過疎地域に賑わいと夢をもたらそうと始まった取り組みが、大きな実を結びつつある。(上野嘉之)

地元に恩返し

 キナンは昭和49年に建設機械の販売・修理会社として創業。その後、リース・レンタル事業を急伸させ、今では北海道から熊本県まで全国40カ所に拠点を構えるほどに成長した。

 創業者の角口賀敏(かどぐち・よしとし)会長は地域貢献への思いが強く、早くから地元へ恩返しする方法を探ったという。今から20年余り前、角口氏は自転車競技のプロ選手と出会ったことをきっかけに、自転車レース招致を決断。平成11年にアマチュアの3日間レース「3DAY ROAD 熊野」を初開催した。

 以降、設立したNPO法人によって毎年開催し、20年からは現在の「ツール・ド・熊野」とアマチュアレースを併催する形へと発展させた。角口氏が実行委員長に就いているほか、キナン社員や取引先関係者らもスタッフを務め、地域住民のボランティアらと共に運営を担っている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 和歌山・熊野地域のまちおこしから世界へ 自転車レースに挑む建設機械レンタル会社「キナン」の夢
  • 和歌山・熊野地域のまちおこしから世界へ 自転車レースに挑む建設機械レンタル会社「キナン」の夢
  • 和歌山・熊野地域のまちおこしから世界へ 自転車レースに挑む建設機械レンタル会社「キナン」の夢
  • 和歌山・熊野地域のまちおこしから世界へ 自転車レースに挑む建設機械レンタル会社「キナン」の夢
  • 和歌山・熊野地域のまちおこしから世界へ 自転車レースに挑む建設機械レンタル会社「キナン」の夢
  • 和歌山・熊野地域のまちおこしから世界へ 自転車レースに挑む建設機械レンタル会社「キナン」の夢
  • 和歌山・熊野地域のまちおこしから世界へ 自転車レースに挑む建設機械レンタル会社「キナン」の夢

「産経WEST」のランキング