産経WEST

【メガプレミアム】韓国内で沸き上がる文大統領への「でたらめ演説」との批判…「脱原発」への消えない懸念

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【メガプレミアム】
韓国内で沸き上がる文大統領への「でたらめ演説」との批判…「脱原発」への消えない懸念

6月30日、米ワシントンのシンクタンクで演説する韓国の文在寅大統領(AP) 6月30日、米ワシントンのシンクタンクで演説する韓国の文在寅大統領(AP)

 文氏の対応は「慰安婦問題で新たな謝罪を日本に求めかねない」との警戒心を日本政府に抱かせている。脱原発演説で指摘されるような偽りの情報や数字を用いて歴史認識問題の批判を日本に突き付けることも懸念される。

 官僚組織は大統領や首相の発言内容に合わせて他国との交渉を行う。米政府では、交渉相手との協議に向けて「妥協できる『ボトム・ライン(最低水準)』を交渉チーム内で共有することが常識」(国務省筋)とされる。

 文氏やその周辺から偽りの日本批判が打ち出されれば、官僚もその批判内容を前提に慰安婦問題の「ムービング(動く)・ゴールポスト」戦略を展開することになる。

 さらに、偽りの指摘を既成事実化しようとする動きになれば、日韓関係に残る凝りはより大きくなり、取り除くことがさらに難しくなる。(7月12日掲載)

■産経ニュースが日々お届けするウェブ独自コンテンツの「プレミアム」。人気のあった記事を厳選し、【メガプレミアム】として再掲します。人物の年齢や肩書き、呼称などは原則として掲載時のままとなっております。

このニュースの写真

  • 韓国内で沸き上がる文大統領への「でたらめ演説」との批判…「脱原発」への消えない懸念

関連ニュース

「産経WEST」のランキング