産経WEST

津市職員のわいせつ行為認定、市に33万円賠償命令 地裁、女性事務員の訴え認める

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


津市職員のわいせつ行為認定、市に33万円賠償命令 地裁、女性事務員の訴え認める

 津市から業務を受託していた廃棄物処理会社の40代の女性事務員が、市環境施設課の男性職員(55)から勤務時間中にわいせつ行為を受けたとして、220万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、津地裁は10日、市に33万円の支払いを命じた。

 判決によると、女性が勤めていた会社は、津市内の廃棄物処理施設で焼却炉の運転や管理をしていた。男性職員は担当主幹として施設に常駐し、同社従業員らを指導する立場にあったが、平成27年7月1日、施設内でマッサージと称して女性の胸を触った。

 男性職員は女性の鎖骨付近に触れたことは認めたが「マッサージの範囲」と主張。だが岡田治裁判長は「供述は客観的証拠と合致せず、不自然で信用できない」と退け、男性職員が強制わいせつ行為をしたと認定した。

 津市は「男性職員の見解を踏まえて今後の対応を検討する」としている。

「産経WEST」のランキング