産経WEST

【北ミサイル】「ミサイル通過」名指しの3県、高まる緊張 Jアラート点検指示、憤る住民

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【北ミサイル】
「ミサイル通過」名指しの3県、高まる緊張 Jアラート点検指示、憤る住民

北朝鮮の「ミサイル通過」名指しを受けて開かれた島根県の危機管理連絡会議=10日、松江市(小林宏之撮影) 北朝鮮の「ミサイル通過」名指しを受けて開かれた島根県の危機管理連絡会議=10日、松江市(小林宏之撮影)

 北朝鮮の朝鮮人民軍の金絡謙(キム・ラクキョム)戦略軍司令官は9日、8日付で発表したグアム周辺へのミサイル発射計画について、新型中距離弾道ミサイル「火星12」4発をグアム沖30~40キロの海上に同時に撃ち込む案を検討していると表明。実施されれば島根、広島、高知3県の上空を通過すると予告した。朝鮮中央通信が10日伝えた。

 北朝鮮のミサイル発射計画で名指しされた島根、広島、高知各県は10日、県内自治体に全国瞬時警報システム(Jアラート)の設備点検を指示した。住民からは不安と怒りの声が上がった。

 ミサイルが発射され、日本の領土領海を通過する場合、自治体へはJアラートを通じて情報伝達される。島根・広島両県ではミサイル発射に備えて防災担当者による緊急会議を開催した。

 島根県は会議で、島根原発(松江市)を持つ中国電力や、離島と本州を結ぶフェリーを運航する隠岐汽船(島根県隠岐の島町)などへの情報周知の状況を確認した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「ミサイル通過」名指しの3県、高まる緊張 Jアラート点検指示、憤る住民
  • 「ミサイル通過」名指しの3県、高まる緊張 Jアラート点検指示、憤る住民

「産経WEST」のランキング