産経WEST

回復基調のシャープ社長、ライバルJDIの立て直し主導に意欲 台湾・鴻海出身も「日の丸連合」強調

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


回復基調のシャープ社長、ライバルJDIの立て直し主導に意欲 台湾・鴻海出身も「日の丸連合」強調

シャープの戴正呉社長=10日、堺市堺区のシャープ本社(南雲都撮影) シャープの戴正呉社長=10日、堺市堺区のシャープ本社(南雲都撮影)

 シャープの戴正呉(たい・せいご)社長は10日、産経新聞などのインタビューに応じ、経営再建中の「ジャパンディスプレイ(JDI)」への支援について「日本企業による日の丸連合でないと(国際競争に)負ける。もしシャープが主導すれば(立て直す)自信はある」と述べ、技術協力や共同事業を含め経営支援に前向きな姿勢を示した。

 シャープからJDIへの直接出資やM&A(企業の合併・買収)は、中小型ディスプレー市場で寡占状態を招いて独占禁止法に抵触する恐れがあるという。しかし戴社長は「シャープ、JDIが得意技術を持ち寄ってできることはいろいろある」と話した。

 JDIは中国など海外企業へ支援要請しているとみられるが、一方で技術流出などの警戒感もある。戴社長は、シャープが昨年8月に鴻海(ホンハイ)精密工業グループ入りしたものの「シャープは国内の民間企業だ。雇用を守り、技術流出もしていない」と強調。技術流出やリストラの懸念はないとした。

 シャープは鴻海傘下入り後、8月12日で1年の節目を迎える。戴社長は就任後1年間の実績について「国内事業は合格だが、海外事業は不合格」と評価した。このため8月から、戴社長自身が海外事業統括を担当し、海外事業の構造改革や、販売拡大のテコ入れに取り組み始めたという。

続きを読む

「産経WEST」のランキング