産経WEST

チンパンジー、じゃんけんを習得…4歳児並みの理解力 京大チーム「100日学習」実験で証明

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


チンパンジー、じゃんけんを習得…4歳児並みの理解力 京大チーム「100日学習」実験で証明

 チンパンジーはじゃんけんのルールを理解できる―。こうした研究結果を京都大学高等研究院の松沢哲郎特別教授(比較認知科学)らのグループが10日、国際科学誌電子版に発表した。

 人間社会には状況によって変化する優劣関係(循環関係)があるが、動物の社会では、弱者と強者という一対一の直線的な優劣関係しかないと考えられている。しかし、人間に近いチンパンジーがじゃんけんを理解したことで、グループは「人の循環関係を理解する能力の進化的起源を調べる上で重要な発見だ」としている。

 研究では、人間の年齢で21~57歳に当たる14~38歳のチンパンジー7頭に、チンパンジーの手の写真を編集してつくった「グーとチョキ」「チョキとパー」「パーとグー」の3種類の画像のいずれかを提示。「勝ち」を選んだ場合に食べ物がもらえるようにして、じゃんけんのルールを学ばせた。1日に、計144回画像を見せることを約100日間続けたところ、5頭がほぼ全問正解できるようになった。

 一方、人間の2~5歳の子供38人にも同様にじゃんけんの画像を見せたところ、4歳以上で正しくじゃんけんのルールを理解できることがわかり、チンパンジーは人の4歳児と同じくらいの理解力があると判断した。

「産経WEST」のランキング