産経WEST

【井崎脩五郎のおもしろ競馬学】メインレースを見ずに競馬場から帰る理由とは…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【井崎脩五郎のおもしろ競馬学】
メインレースを見ずに競馬場から帰る理由とは…

 あと1時間足らずでメインレースだというのに、それを見ないで、競馬場から帰っていく人がいる。1人や2人ではない。相当な数がいるのだ。一体、どういう理由で帰るのだろう。

 そのことに興味を持った競馬風俗研究家の立川末広が、調査を敢行した。

 8月6日(日)の新潟競馬場。15時45分にはメインのレパードSが発走になるというのに、それを見ないで「15時00分新潟競馬場発・バイパス経由・新潟駅南口行」というバスに乗り込んだ人に、バスに同乗した立川末広が、なぜ帰るのか聞いてみたのだ。バスの運賃は片道570円。

 車内は、ほぼ満席で、立っている人もいた。バスの最後尾に座った立川末広が隣の人に取材意図を明かすと、「じつはケータイに連絡が入って、ギックリ腰になったから、悪いけど早く帰ってきてって、女房が言うんですよ」と答えてくれたそうだ。「そりゃ、大変ですねえ」。「いや、どっちみち、夕方に店をあけなくてはいけないんで、競馬場に長居はできないんですよ」

 このやりとりを聞いていた人たちが、「じつはオレの場合は…」と取材に協力してくれて、帰る理由が次々と分かった。

 「9レースのアクートの、一口馬主なんですよ。勝ってくれたんで、もう帰って祝い酒飲もうと…」

 「全部スっちゃって…」

 「メインが終わるとバスが混むんで…」

続きを読む

「産経WEST」のランキング