産経WEST

大阪ミナミ飲酒暴走・控訴審初公判、即日結審 10月に高裁判決 犠牲者の母親「一審判決の事実誤認を正したい」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪ミナミ飲酒暴走・控訴審初公判、即日結審 10月に高裁判決 犠牲者の母親「一審判決の事実誤認を正したい」

 大阪・ミナミの繁華街で平成27年、飲酒運転による車の暴走で3人を死傷させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた大阪府高石市の無職白坂愛里被告(27)の控訴審初公判が8日、大阪高裁(西田真基裁判長)で開かれ、即日結審した。判決は10月5日に言い渡される。

 裁判員裁判で審理された昨年11月の一審大阪地裁判決は、事故原因をアルコールの影響ではなくブレーキとアクセルの踏み間違いだと判断。危険運転の成立を否定し、同法の過失致死傷と道交法違反罪を適用して懲役3年6月の判決を言い渡し、検察側が控訴した。

 一審判決によると、27年5月11日未明、大阪市中央区の繁華街で飲酒後に大型のスポーツタイプ多目的車を運転し、自転車に乗っていた同市浪速区の看護師河本恵果さん=当時(24)=をはねて死亡させたほか、2人に重軽傷を負わせた。

 被告は当初、自動車運転処罰法違反の過失致死傷罪と道交法違反罪で起訴されたが、遺族側がより量刑の重い危険運転致死傷罪の適用を求めて17万人以上の署名を提出。検察の補充捜査を経て訴因変更された。 恵果さんの母友紀さん(45)は8日の閉廷後、「一審判決の事実誤認を正したい」と訴えた。

「産経WEST」のランキング